なぜ必要なの?家を借りるときに火災保険に入る理由

なぜ必要なの?家を借りるときに火災保険に入る理由

自分の持ち物は自分で守らなければいけない

家を借りるとき、不動産屋さんを通じて火災保険に加入した経験はありませんか?色々とお金がかかる中でなぜ保険に入らなければいけないの?と思った人もいるのではないでしょうか。その家の大家さんは通常、建物のみに火災保険をかけていることが殆どです。それでは自分の持ち物、テレビ、パソコン、洋服、家具、など家財と呼ばれるものについては万が一火災が発生してしまって全て使い物にならなくなっても補償はされません。自分の持ち物は自分で保険をかける必要がありますよ。


隣の部屋の火災で自分も被害にあってしまった

自分は火の元には人一倍気をつけているから大丈夫。だから保険に入る必要なんてないと思う人もいるかもしれませんね。でも、もし隣の部屋や上下階で火災が発生してしまい、消防車からの放水で自分の部屋が水浸しになって、買ったばかりのテレビやパソコンなどが使えなくなってしまったなんてこともあり得ますよ。火災を出してしまった人から必ず補填が受けられるとは限りませんので、自分の持ち物は自分で守らなければならず、そのために保険に入る必要があるのです。


大家さんや近隣の人のため

火災保険の中には、火事だけではなく様々な補償があるのですよ。もし自分の責任で借りていた家に損害を与えてしまった場合、大家さんや近隣の人に対して賠償しなければならないのですよ。例をあげると、洗濯機から水漏れをおこしてしまい、下の階の人に損害賠償されてしまった。大家さんからも床がダメージを受けたので補修費用を払ってといわれてしまうかもしれません。そのような問題が起こってしまったときのために、個人賠償や借家人賠償といった特約が保険にセットされていますので、契約内容をよく読んで自分に必要な保険に入っておきたいものですね。



個人契約のマンションの火災保険は、専有部分や家財が対象となります。共有部分は、マンションの管理組合が契約を行います。