目指すは行政書士!試験概要を知って勉強しよう

目指すは行政書士!試験概要を知って勉強しよう

行政書士とは何かを知る

まず、行政書士が行う仕事は、企業や個人に代行して、役所に提出する書類を作成する仕事です。建築許可が必要な工事や、外国人の方のビザの申請、飲食店の開業手続きなど、様々な法律に関する書類を作成することができる、法律のスペシャリストです。法律は日々改善されていくので、企業や個人では本業もあるため、法律の情報まで手が回らないでしょう。法律を無視した書類は、役所から認定されないので、行政書士という専門家に依頼するのです。


行政書士の資格は誰でも受講できる

行政書士は法律のエキスパートでなくてはなりません。行政書士の資格は独学でも勉強次第で合格することができます。行政書士の試験は、年齢や学歴に関係なく誰でも受講することができるので、受講者数がとても多いです。合格率だけ聞くと、自分では無理と思ってしまいますが、受講者数も多いので、毎日の勉強の積み重ねを大切にしましょう。試験は年1回開講されるので、落ちてしまっても、1年間ゆっくり勉強するチャンスができます。


出題される科目と回答形式

行政書士の試験内容は、行政書士の業務に必要な法律に関する科目と、政治や経済などの一般知識の科目の二つに分けて出題されます。六割正しく回答できれば、合格ラインに近づきます。試験は、マークシート形式で回答を選びます。行政書士の業務に必要な法律とは、憲法、民法、行政法、商法、基礎法学について出題されます。勉強しきれないと諦めないでください。勉強が長続きするか不安な方は、通信講座や、スクールに通って勉強する時間を作ることができるので、勉強の進め方など知ることができるので安心ですね。



行政書士の試験は独学だけではなく予備校などで学ぶことで対策出来ますから合格力を身につけることができます。