手元に株がない!?でも信用取引で売りからスタートできる

手元に株がない!?でも信用取引で売りからスタートできる

少ない資金が大きな取引

株の取引において現物取引以外にも信用取引という方法もあります。通常の株の売買であれば自分が持っている資金を元手に株を購入することが通常ですが、株自体の価格が非常に高いこともあり、購入したいときに購入したいだけの数量を購入できない場合もあります。そのようなケースでも購入できるように、一定額の証拠金を預けることによって、手持ち資金が少ししかない状態でも、それ以上の金額の株を購入することができるのが信用取引です。


手持ち株がなくても売りからはじめる

また株の売買には株を購入する以外に、売ることからスタートすることもできます。そのために利用されるのが信用取引です。株を購入するときと同様に一定額を預けることによって、株を借りた状態で売買をおこなうことができて、実際にその株を購入して自分自身が持っていなくても株を借りてその株式を売ることからスタートすることができます。これから価格が下がるという相場において、売りから入る売買方法は有効な手段と言えます。


信用取引の清算の方法

売りから入った場合には、株は自分では持っていなくて借りているために、手仕舞いには反対売買をおこない買い戻すことが必要になり、売った価格と買い戻した価格の差額を決済金額として授受されます。実際の株の動きがない分簡単に売買ができます。しかし、実際に損失が出た場合は、預けてある一定額から差し引きされて清算されます。預けた金額がその分少なくなりますが、当然その金額を基準に信用取引ができる限度額が決まるために限度額が少なくなります。



信用取引とは、自分を信用してもらうことで、手持ちの資金や株などを担保に証券会社からお金を借りて取引し、成功すれば利益となりますが、株価が下がった場合でも「空売り」することで、儲けることが出来ます。