スタッフのマナーがお店の印象を決め、売上をも左右する

スタッフのマナーがお店の印象を決め、売上をも左右する

スタッフはお店の顔であり看板である

お店には接客をするスタッフがおり、サービスや商品の提供を行なっています。役割もそれぞれでしょうが、お客さんの視点ではそれぞれの役割の判別は難しく、たとえ普段は裏方が担当であろうとお客さんの前に出た以上は接客をしなければなりません。その際にマナーに注意をしましょう。お店の印象はスタッフの印象で決まってしまうこともあり、スタッフのマナーが優れていれば良いお店と判断されることもありますし、反対に悪い場合にはお店の印象も悪くなります。


スタッフのマナーが悪ければ商品の魅力は半減

スタッフの接客マナーは動作、言葉遣い、身なりなど多岐に渡ります。初見で印象が悪くなってしまいますとそれを取り戻すのは大変です。また、そんな印象の悪い人にいくら優れた商品を紹介されようと、その魅力はうまく伝わらずに買ってもらえない場合もあります。お店はサービスや商品の魅力はもちろん、スタッフの接客マナーで成り立っているのです。売上にも直接的に関係してくるので、研修や教育で一定以上のレベルに育て上げる必要があります。


商品力は接客マナーでカバーできる場合も

仮にサービスや商品の魅力が乏しく、売上が伸ばせなくてもスタッフの接客マナーでカバーできる場合もあります。もちろん限界はありますが、優れた接客はお客さんの購買欲を高めます。接してくれたスタッフのマナーが一流で印象が良かった場合、つい商品を購入してしまうこともあるのです。これは粗悪品をいかに売りつけるかという問題ではなく、いかにスタッフのマナーが大切であるかという話ですので、お店としては商品力を常に高める努力をしなければなりません。



就業規則の作成にあたっては、法律的な知識が必要になります。弁護士や社会保険労務士などのプロに、サポートを依頼することが大切です。